バイク保険情報

バイク保険。オートバイに乗るならやはり保険に入らないといけません。当サイトは2輪の為の自動車保険にまつわる情報を集めました。オートバイは、危険な乗り物という印象が一般化している為か、運転者の年令層が低いからか、今まで二輪 原付用の保険はあまりありませんでした。しかし最近は2輪ライダーの為の保険も数が多くなりつつあります。以下によくある保険のタイプを挙げています。

| バイク保険 | 原付保険 | オートバイ保険 用語 - 1 | 二輪の保険 用語 - 2 | バイク保険 示談 | 違反点数 |


他人の2輪 原付を借りて運転した時の事故を補償 / 他人の2輪原付を借用して運転した際の事故を補償
バイク保険 乗り物は車でもバイクでも知人のものと乗り比べをしたり、拝借りたりするケースはままあります。そういった場合、自動車なら任意保険に加入している場合が殆どなので、事故が起きても問題はありません。また借りた車が任意保険に加入していなくても、運転者が自動車保険に入っていれば、他車運転危険特約でフォローすることが可能です。

しかしバイクの任意保険普及率は今のところ約3割程度に過ぎません。乱暴な計算をすれば他人のバイクを借りて乗った場合約7割の確率で任意保険に加入してない車両があるという事になります。


バイク保険 携行品担保特約 / 携行中の身の回り品に生じた損害を補償
バイクに積載したり、ツーリングへ持って行った物品類、携帯電話、カメラ等の携行品への損害について補償されるものです。自宅から持ち出した身の回り物品であればバイクで運んだかどうかは問わないという、とても太っ腹な内容になっています。


バイク保険 車両盗難時の臨時費用担保特約 / バイクが盗難にあった際の臨時費用を補償
保険対象のバイクが盗難にあった場合、警察への盗難届の提出と代わりのバイクの購入を条件に、臨時費用2万円が支払われるという内容。
→より詳しいバイク盗難保険の解説はこちらへ


バイク保険の等級 / 契約の継続・更新の場合
バイク保険(もちろん自動車保険もですが)において等級はとてもに重要なポイントです。自分が現在何等級で、今後等級が変わるとどうなるのかを確認してみると面白いと思います。一般的には等級が上がるのは毎年1等級、下がるのは一事故3等級づつです。


表からも分かるように16等級から上は割引率が変わりません。これは長年無事故だった人をよりも優遇する措置です。どんなに無事故を続けても16等級を維持しても、等級が下がるような事故を起こすと、13等級まで下がってしまいました。しかし20等級だと事故を起こして等級が下がっても17等級ですから割引率は変わりません。→より詳しい等級の解説はこちらへ

保険 等級
等級 割引/割増 等級 割引/割増
1 50%割増 11 45%割引
2 40%割増 12 50%割引
3 30%割増 13 50%割引
4 20%割増 14 55%割引
5 10%割増 15 55%割引
6(F) 無し 16 60%割引
7(F) 20%割引 17 60%割引
8 30%割引 18 60%割引
9 35%割引 19 60%割引
等級 40%割引 20 60%割引

バイク保険 等級に関するリンク集 バイク保険 盗難に関するリンク集



Friend site old school news